私達の公式ウェブサイトから直接のご予約で1泊につき10ユーロのディスカウント
コード
客室
お子様
大人
image
image
image
image

Paris

フランスの首都でありファッションの中心地でもある、左岸は、世界で最も観光客の多い場所です。それは、各々独自の雰囲気を持つさまざま地区で構成されていて、その川岸がユネスコの世界遺産に登録されているセーヌ川(Seine River)の両側に伸びています。

続きを読む 閉じる

パリは、心躍る刺激的な旅の目的地です。この都市は、豊かな歴史的、文化的、食通の遺産を誇っています。そこには、エッフェル塔(Eiffel Tower)、ルーブル美術館(Louvre)、オルセー美術館(Orsay museums)、凱旋門(Arc de Triomphe)や伝説のシャンゼリゼ通りなど、世界で最も訪問者の多い記念碑や美術館があります。有名香水やファッションデザイナーがここでビジネスを開始し、その美味しい料理は世界的にも有名です。

ホテル・ル・ベルシャス・サンジェルマン (Hotel Le Bellechasse Saint-Germain) は、ルーブル美術館(Louvre)の向かい側に位置している壮大なオルセー美術館(Orsay museum)から目と鼻の先です。訪問者に、サンジェルマン地区、ルーブル美術館、シテ島、ノートルダム大聖堂、エッフェル塔、チュイルリー庭園、コンコルド広場やシャンゼリーゼ大通りなど、パリを最も象徴する場所を訪ねる、観光客のみなさまの中心となる場所を提供しています。

image

ルーブル美術館(Louvre Museum)

古代と近代芸術のコレクションで世界でも有名なルーヴル美術館には、活劇満載の歴史があります。

そこには、王家の宝物を収蔵するために13世紀初期にフィリップ•オーギュスト (Philippe-Auguste) によって建てられた要塞の一部が残っています。

続きを読む 閉じる

フランスの王の住居は、1792年に美術館になっりました、それ以来、その芸術のコレクションは、数百万人もの訪問者にとって豊かな喜びとなっています。ルーヴル美術館は、モナリザ (Mona Lisa) などの世界的に有名な傑作を収蔵し、頻繁に展覧会を開催しています。これは、世界で最も訪問者の多い美術館です。

ルーブル美術館は、しばしば文学や映画、たとえば「ダビンチ・コード (Da Vinci Code)」あるいは「ベルフェゴール (Belphegor)」、「ルーブルの怪人 (Phantom of the Louvre)」のような「隠された秘密」のプロットとなりました、また訪れる価値の十分ある思いもよらない宝物類があります。典型的なパリの雰囲気と一緒に古いものと新しいものがもたらす常に進化する芸術のシンボル 「 壮大なガラスのピラミッド 」から入館します。

ホテル・ル・ベルシャス (Hotel Le Bellechasse) のお客様へのヒントがあります。

セーヌ川の川畔を経由してルーブル美術館に到達し、ライオンの門(La Porte des Lions)より入館することができます。1 階まで歩き、セーヌ川に沿って走るギャラリー•デュナントボールドゥオー(Galerie du Bord de l’Eau)を辿ると、そこでは16世紀と17世紀のイタリア絵画を鑑賞することができます。ピラミッドに到達するには、ルーブル美術館の主要な作品である「モナリザ(Mona Lisa)」やヴェロネーゼ(Veronese)の「結婚式の饗宴(Wedding Feast at Cana)」、そしてジェリコ(Gericault)の「メデーズ号の筏(Raft of the Medusa)」、そしてダヴィッド(David)の「ナポレオンの戴冠式(Coronation of Napoleon)」が展示されている赤い部屋を通り抜けます。ギャラリーの最後に到達すると、最近復元された「サモトラケのニケ (Winged Victory of Samothrace)」を発見するでしょう。

オルセー美術館(Orsay Museum)

オルセー美術館(Orsay Museum)

正式には、オルセー美術館は、パリでの「ユニバーサル展」の素晴らしさに魅了されて見にくる何千人もの訪問者に対応するために1889年にオープンした鉄道駅でした。この建物は、セーヌ川を見下ろしている素晴らしい建築物です。

続きを読む 閉じる

最めてそれを見たとき、画家エドゥアール・デタイユ (Edouard Detaille) は「この駅は素晴らしい、まるでアート・ギャラリーのようだ!」と叫んだと言われています。この駅が1986年に美術館に模様替えされたとき、彼のビジョンが現実のものになったのを見て、彼は驚いたに違いありません。

それ以来このギャラリーは、19世紀のコレクションを収蔵し、世界で8番目に人がたくさん訪れる美術館となっています。

2012年、展示美術品の数を豊かにし、いくつかの部屋とそのガラス屋根の最上階を改装するために大規模な修復キャンペーンが行われました。新しい、より明るい展示エリアが印象派の芸術の世界で最も包括的なコレクションを収蔵するために作られました。

この美術館は、パリ滞在中に必見の場所であり、1 階にあるレストランは、シャンデリアや天井画を鑑賞するだけのためでも訪れる価値が十分にあります。最上階に上ったら、見事な時計の背後から、眼下に広がるパリの素晴らしい景観を必ずご覧ください。

並んで待つことがないように、ホテル・ル・ベルシャス (Hotel Le Bellechasse) で入場券をお求めください。

image

Saint-Germain-des-Prés

セーヌ川左岸にある伝説的かつ必見の地区は、世界大戦後にそこに集まった若手芸術家や知識人がいたことから、人気があります。

情熱と探究心旺盛な若者たちは、カフェ、ワイン・セラーや、ジャズ・クラブで、何時間も話したり、彼らの間で最も有名だったジャン・ポール・サルトル (Jean-Paul Sartre) の話を聞いたりするために、集まりました。

続きを読む 閉じる

その知的過去の遺産とは別に、サンジェルマン地区は、その狭い通り、その数々あるアート・ギャラリー、デザイナーやブティックやテラスは、左岸の独特な雰囲気を作り出しています。

ホテル・ル・ベルシャス・サンジェルマン (Hotel Le Bellechasse Saint-Germain) の近くに位置し、のんびり散歩する人たちや、アート、グルメたちのための楽園です。

すぐ南にパレリュクサンブール(Palais du Luxembourg)とその庭園があり、この地区は、ドラクロワ美術館、ラ•シャペル•デ•プティ•オーギュ(la Chapelle des Petits-Augustins)

、エレクトラ協会(Electra Association) あるいはロイヤルミント(Royal Mint)などあまり知られていないが、訪れる価値のある数々の小さな美術館があります

ホテル・ル・ベルシャス・サンジェルマン (Hotel Le Bellechasse Saint-Germain)は、このユニークなパリの地区を探索するのに最高のロケーションにあります。ご滞在中、当ホテルのフレンドリーなスタッフがお客様のお手伝いを喜んでさせていただきます。サン•ジェルマンには、レ・ドゥ・マゴ(Les Deux-Magots)、カフェ•ド•フロール(Café de Flore)やブラッセリー・リップ(Brasserie Lipp)など、世界的に有名なカフェやレストランがあります。

しかし、他のあまり知られて場所も訪れる価値があります。サントノレブノワ(Rue Saint-Benoit)通りでアールヌーボー(Art Nouveau)様式の宝石とも言えるプチ•ジンク(Petit-Zinc) 、パリで最も古いカフェレストランの 1 つプロコープ(Procope)を見つけましょう。この有名な発祥地は、17世紀に建てられてから、年中知識人や政治家の間での人気の待ち合わせ場所となりました。店の壁には、いまだに、ヴォルテール(Voltaire)、フランスの革命家ダントン(Danton)や詩人ミュッセ(Musset)など有名な来店者たちのポートレイトが飾られています。。

チュイルリー庭園

チュイルリー庭園

オルセー美術館(Orsay museum)から川を渡ってすぐには、壮大なチュイルリー公園(Tuileries Gardens)があります。これは

パリの中心部に緑の避難所を提供する歴史的な場所です。これらはルイ14世の財務大臣だったフーケ(Fouquet)により見出され、ルイ14世のために、ヴォー•ル•ヴィコント城(château of Vaux le Vicomte.)の壮大なフランス庭園を造り上げた、アンドル・ノートル(André Le Nôtre)により設計されました。

続きを読む 閉じる

ルイ14世により委託されたル・ノートル(Le Nôtre)は、ベルサイユ宮殿の敷地を造園したことで知られています。彼は、王宮庭園を造園し、そこはパリの貴族や上流階級のための会議場所になりました。

17世紀には、多くの場合、豪華なお祭り騒ぎの場所であったが、今日ではパリジャンは散歩のお気に入りの場所の 1 つとなっている。ソルフェリーノフットブリッジ(Solferino foot bridge)を経由してホテル・ル・ベルシャス・サンジェルマン (Hotel Le Bellechasse Saint-Germain) から徒歩5分以内に位置する、チュイルリー公園には、パリの独特の典型的な雰囲気があります。

庭園にはフランスの歴史の混沌とした時代を目撃し、たくさんの彫像、噴水や生い茂った樹木があります。玄関の門の両側には、2つの魅力的な美術館を見つけることでしょう。

オランジェリー美術館(Orangery)の中では、2 部屋全体が有名なモネ(Monet)の「睡蓮(Water Lilies)」、そして「ジュ・ド・ポーム(Jeu de Paume)」などがあり、写真展を定期的におこないダイアン•アーバス(Diane Arbus)、マーティン•パー(Martin Parr)またはガリー•ウィノグランド(Garry Winogrand)のような有名な芸術家を紹介しています。

オテル・デ・ザンヴァリッド(L'hôtel des Invalides)

オテル・デ・ザンヴァリッド(L'hôtel des Invalides)

オテル・デ・ザンヴァリッド(L'hôtel des Invalides)は1889年の世界博覧会の際に、右岸と右岸を繋げるために構築された壮大ななアレクサンドルII橋(Alexander III Bridge)に面した大型遊歩道の一端に位置しています。そこにはパリ軍事博物館(the military museum of Paris)があります。それは、病院としてルイ14世により建てられました。彼がなんども行った多くの戦争で負傷した兵士を収容でき治療することができました。それは壮大な黄金の屋根のついた王室礼拝堂が入っており、またナポレオン1 世の墓があります。

続きを読む 閉じる

また、武器や大砲を収蔵する博物館だけでなく浅浮き彫の博物館(museum of bas-reliefs)では、ウオーバン(Vauban) により設計され、フランス全土に作られた主要な要塞の模型も見学できます。

この技術者は、ルイ14世に仕えた要塞築城の名手でした。17世紀後半にわたりフランス攻防のためのさまざまな戦略的な場所での要塞築城を手がけました。

テーマごとに、フランス語での、またご要望がございます場合には、外国語でのガイド付きツアーを用意いたします。これらのツアーでは、博物館内で非公開となっている場所での見学が可能で、この歴史的施設を取り巻くたくさんの宝物類や物語を発見することができます。

コンコルド広場(Place de la Concorde)

コンコルド広場(Place de la Concorde)

ルイ15 世の建築家によって18 世紀に建てられた、コンコルド広場(Place de la Concorde)は、パリで最も美しい広場の一つです。八角の形はマドレーヌ教会(Madeleine Church)とロワイヤル通り(Rue Royale)、有名なマキシムの本拠地、またはリヴォリ通り(Rue de Rivoli)とチュイルリー庭園(Tuileries)で、シャンゼリゼ通り(Champs-Elysées)と凱旋門(Arc de Triomphe)の壮大な展望を見ることができます。

続きを読む 閉じる

1830年にフランスにエジプトの総督によって提供されたオベリスクは、パリ最古の記念碑です。それは、ルクソールからはるばる運ばれ、現在、広場の中心に誇らしげに立っています。 この広場には、2つの壮大な噴水と、素晴らしい女性像の柱 「建造物内の柱や列柱を交換する女性の像」があり、写真家のパラダイスとなっています。シャンゼリゼ通りの宮殿からわずか目と鼻の先に、フランス大統領の住居があります、コンコルド広場 (Place de la Concorde)は、ホテル・ル・ベルシャス (Hotel Le Bellechasse)から10分もかかりません。パリの右岸を探求する素晴らしい出発点を提供しています。

ルクソールの神殿の入り口にガードが立っていた、ピンク色の花崗岩の堂々とした列柱は、ラムセス2世の治世下に建てられました。それは、22メートルの高さ、重量200トンあり、3000 年以上古いものです。このオベリスクは、2 年間もの期間をかけて、壮大な旅のはてに、運搬されました。その運搬のために船が特に建設されました、そして技師たちは、この壮大な記念碑を運ぶことから生じるさまざまな問題への解決策を見つけるための十分な創意工夫をする必要がありました。この素晴らしい冒険、そしてどのようにしてオベリスクが建てられたのかの物語がその基礎に刻まれています。ホテル・ル・ベルシャス (Hotel Le Bellechasse) から徒歩ですぐのところにあります。

セーヌ川岸

Quais de Seine

セーヌ河の河畔には、混雑から離れて散歩ができる理想的な静かな場所がある、パリジャンのもう一つの生活シーンがあります。

オルセー美術館の前に走る地区が手入れされ、2012年の初頭に歩行者のための場所となりました。それが、今、観光客とパリジャンで共有されている市の中心部にある素晴らしいリラックスエリアとなっています。ホテル・ル・ベルシャス (Hotel Le Bellechasse)から徒歩わずかのところに位置し、早朝マラソンや楽しい午後の散歩に最適です。

続きを読む 閉じる

18世紀後半建築の傑作である素晴らしいアレクサンドル三世橋 (Alexander III Bridge) からのものを含めて、この堤防へ繋がるたくさんの階段があります。

岸壁の部分は、2キロにわたる長い歩行路を備え、あらゆるの年齢人たちのために整備されています。 訪問者たちがデッキチェア、大きなクッションやテントでリラックスすることができる場所がたくさんあります。子供の遊び場、フリークライミング用の壁、鉄棒やテラス付のレストラン、その他川沿の散歩中にはそのほかもっと驚きの発見をすることができます。

さらに上流へ向かうと、神秘的なポン・デ・アート(Pont des Arts)、パリ最古の橋ポン・ヌフ(Pont Neuf)、そしてシテ島 (Ile de la Cité) とノートルダム寺院大聖堂(Notre-Dame Cathedral)に到達します。

image

ノートルダム

パリの象徴とシテ島の中心部に位置し、ノートルダム寺院大聖堂は、毎年の訪れる数百万もの人たちを魅了する壮大なゴシック様式の大聖堂です。最初の定礎は1163年に敷設され、それが完了するまでに200年かかりました。大聖堂は広範囲に何世紀にもわたって復元され、今日に真に美しいアーキテクチャを提供しています。

続きを読む 閉じる

その塔は69メートルの高さがあり、パリの壮大な印象的なパノラマビューのある頂上まで登るには勇気がいります。。豪華に装飾されたファサードは、じっくりと時間をかけて鑑賞する価値があります。

ノートルダムの華麗な構造を賞賛する最良の方法は、セーヌ川で遊覧船に乗ることです。ホテルでは乗船券、そしていつでも観光することができる1 年間有効のシーズンパスを販売しております。1 日クルーズやまたは夜のクルーズのいずれでも、セーヌ川に沿ったこれらの平和的な外出は、素敵なものになるでしょう。複数言語に対応したオーディオ・ガイド・ツアーが利用可能で、これらのオーディオ・ガイド・ツアーにより、パリで最も有名なランドマークを識別することができるようになります、また歴史と、それらを説明する逸話を聞くことができます。

さらに、シテ島(Ile de la Cité)は、パリの宝石とも言える場所です。パリの旧市街中心部には、コンシェルジュリー(Conciergerie)の家もあり、初期の王宮殿がに造られた頃の308件から336件が残っています。そこには、フランス革命後に、マリー・アントワネット(Marie-Antoinette)が投獄されました。かっての宮殿の敷地内では、サン・ルイ(Saint-Louis) により建造されたすばらしいシャペル・ロワイヤル(Chapelle Royale)も鑑賞できます。

コンシェルジュリー(Conciergerie)に向かってデュパレ大通り(Boulevard du Palais)を歩くとき、オルロージュ(Tour de l’Horloge)と呼ばれる正方形の塔に気づくでしょう。この塔は、パリで最古の公共の時計塔です。これは、1370年に設置さ2012年に完全復刻され、かつての美しさに復元されました。それは、フランスの3人の王の頭文字が刻まれ、贅沢な赤と青の色合いで飾られ、純金で装飾されている。

セーヌ川が分岐しているところに位置する、これらの素晴らしい歴史的なランドラマークをじっくりと散歩してください。

エッフェル塔

La Tour Eiffel

技師ギュスターヴ•エッフェル (Gustave Eiffel)によってイメージされた、パリのこの世界的に有名なシンボルは、世界で最も訪れる観光客の多い記念塔です。これは、ユネスコの世界遺産に記載されています。エッフェル塔はフランスの技術力を示するために1889年世界博覧会の際に建造され、40年以上の間、世界で最も高い建造物でした。

続きを読む 閉じる

これは、最初は、博覧会の期間中に構築され、その後解体されることになっていました。しかしギュスターヴ•エッフェル(Gustave Eiffel)は、彼の傑作のために他の計画を練っていました。1903年には、新興の無線電信システムの進捗状況をサポートするために、アンテナが塔の一番上に設置されました。このオペレーションは大成功h氏、第一次世界大戦中の、戦略的な資産になりました

建造中から、エッフェル塔は、群衆を魅了しています。訪問者の数はどんどん増えてゆきました -- そこにはエレベータがあり、2 階の高級レストランと1 階には、新しい印象的なガラスの床があります。